骨董品

眠っているお宝

世の中にはいろいろな種類のコレクターがいて、そうした品々を買取している店もあります。旧家の多い大阪でも貴重な逸品が眠っているケースは少なくないのです。骨董品買取の店で見てもらえば意外なお宝が出てくるかもしれません。

フィギュア

綺麗な状態が一番です

フィギュアを少しでも高く買取してもらう方法は、箱などのケースに入った新品の状態を保ち、くじなどで手に入れることが出来るフィギュアの場合は、出来る限り発売日近くに買取してもらうことがおすすめです。また傷をつけないように注意する必要もあります。

ステージ

準備や申込方法を知ろう

不要なジャニーズグッズをお持ちの方は、買取依頼してみてはいかがでしょうか。準備として、まずはお持ちのジャニーズグッズを綺麗に掃除しておき、依頼するショップを探しておきましょう。依頼方法ではショップに足を運ぶ以外にも、宅配や出張買取から依頼が行えます。ホームページから申込を行うと良いでしょう。

湯呑

処分時に便利

茶道具の処分には買取店を利用した方が良いでしょう。価値が高いこともあるからです。それに誰かのために役立つかもしれません。本当に欲しいと思っている人の手に渡るようにするには、専門店で買い取ってもらい販売してもらうことが一番です。

刀

初心者が注意する事

初心者が心配しがちな日本刀を所持する際の資格の有無については、正規の日本刀販売店から購入した日本刀であれば、誰でも所持する事が出来ます。ただ公共の場所に持ち出すのは厳禁なので気をつけましょう。また日本刀は保管や手入れが難しいので、購入する前によく勉強しておくのが肝要です。

登録証について

刀

登録証の名義変更に注意

一般の人には馴染みが薄いかもしれませんが、骨董業界や美術業界では日本刀は立派な商品として扱われ根強い人気があります。日本刀販売を専門に行う業者もあり、販売だけでなく各地にある刀剣類の買取も行っています。ただ、歴史的価値や美術的価値があろうと日本刀は武器であり、その所有には細心の注意を払わなければなりません。ここでは日本刀販売業者の利用を検討されている方に向け、日本刀には欠かせない登録証について解説します。日本では猟銃などの所持について厳しい制限がありますが、銃砲刀剣類登録証がついた日本刀については、基本的に誰であっても所有できる決まりとなっています。しかし購入した場合には所有者の名義変更という形で、各都道府県の教育委員会に宛てて銃砲刀剣類等所有者変更届に自分の名前や住所を記入して提出する必要があります。提出までの期間は日本刀を購入してから20日以内、という規定があるので、早めに提出してください。登録証が付いていない刀については、売買はもとより所持も禁止されています。もし日本刀販売業者に売りたい刀があって登録証が見当たらない、という場合には、紛失したのであれば再交付申請を行い、新たに見つけた刀なら登録申請を行いましょう。登録審査中については売買はもとより譲り渡しも禁止されているので、正式に登録されてから日本刀販売業者に持ち込んでください。この登録証の現物を所持していれば、銃刀法違反に問われずに日本刀の持ち運びも可能になるので、日本刀販売店に直接持ち込む事も可能です。ただ持ち運びの際には、専用の袋かゴルフバッグなどに収納し、傍目から見て日本刀だとわからない状態にしましょう。

Copyright© 2018 ルールを守って日本刀を売却しよう【日本刀販売業者の利用】 All Rights Reserved.