初心者が注意する事

刀

事前によく勉強しよう

日本刀を扱ったことが無い初心者がよく疑問に思う点に、日本刀は一般人が所持してもいいのか、という物があります。結論から言えば、正規の日本刀販売店から購入した日本刀であれば、だれが所持しても構いませんし、特別な資格も必要ありません。資格が必要なのは狩猟や競技に用いるライフルなどで、美術品としての価値が認められている日本刀は、武器の中でも特別に所持の基準が緩められています。ただし、いくら所持が認められているとは言っても、侍の真似をして腰に差すのは駄目ですし、冗談でも公共の場で抜き身を晒すような事は以ての外です。危険ですし、銃刀法違反で御用となるので絶対にやめてください。日本刀販売店から購入した刀を持って自宅へ向かう場合や、逆に手元にある刀を日本刀販売店へ持ち込む場合など、運搬目的については刀に付属する登録証を一緒に所持していれば可能です。日本刀だと見てわかる状態で運搬するとトラブルの元になるので、公共交通機関などを利用する際には袋で全体を包んで隠すのがマナーとなっています。因みに初心者にとって日本刀の扱いで最も難しいのは、実は保管になります。伝統製法で作られた日本刀は防錆処理などはされていないので、手入れを怠ったり、不適切な環境に放置したりするとすぐに錆びます。錆びた場合には研ぎ直しが必要ですが、これが非常に高額です。かと言って素人には出来ない作業なので、所有者が出来るのは錆びないように手入れをするという事に尽きます。そのため初心者はまず購入する前に日本刀の扱い方、お手入れの仕方を十分に勉強するようにしましょう。日本刀販売店では素人向けにお手入れ方法の講習会なども開催している事もあるので、見かけた際には積極的に参加してみましょう。

Copyright© 2018 ルールを守って日本刀を売却しよう【日本刀販売業者の利用】 All Rights Reserved.